夏の大敵!日焼けした後のアフターケアはどうすべき?

Loading♡お気に入り



スポンサーリンク

日焼けは、アフターケアが1番大事!

72時間以内のケアでなかったことに。

どんなに頑張って日焼けを防止していても、「完全に焼かない」のは、少し無理があります。何かの拍子に日に当たったり、知らないうちに日焼け止め効果が薄くなってしまったり、思いがけずにやけてしまうことも。

 

そんな時も含め、日焼け後のアフターケアが大切です。もちろん、日焼けをしたい人も、健康な日焼けをするには、アフターケアは必須。日焼け後72時間以内のケアで、肌への負担は軽減されます。

 

正しいアフターケアは?

1:まずは冷やして熱をとる

日焼けは、簡単な火傷と同じです。毎日同じだけの日光を浴びていたり、特別な肌質でない場合は、炎症として、肌に負担がかかります。この炎症がずっと続くと、痛みが出て来たり、もともと、日に焼けていない部分にまで炎症として広まる可能性も。

 

まずは、保冷剤や、シャワーなどで、冷やして、熱を取りましょう。氷水なども有効ですが、氷は直接当てると、皮膚にさらに負担がかかるので、「タオルでくるむ」「l氷水に浸したタオルを絞って使う」など、間接的にしてください。

 

 

2:化粧水はバシャバシャ使う!保湿が鍵

スキンケアで、化粧水をバシャバシャ使うのは、広く知られていますが、日焼け後のアフターケアにも有効です。ただし、上記したように、日焼けは軽度の火傷や炎症と同じです。顔と同じものを使うと、ヒリヒリしてしまう可能性も。

 

その場合は、”アフターケア専用”など、ピリピリしないものも多く出ているので、しっかりと、確認をして見てください。ハンドプレスで、ゆっくりとしっかりと保湿するのがポイント。

 

ただし、念入りにコットンなどを使って、パッティングをするのは、逆に肌の負担になってしまう可能性があるので要注意です。敏感肌や、肌が弱い人は、コットン自体が刺激になってしまうこともあるので、手でやることをお勧めします。

 

日焼け後は、かなり浸透率が高く、吸収されるのも早いので、乳液やクリームなどで、しっかり蓋をしてください。ワセリンを塗って、肌を保護するのも有効です。

 

 

3:水分とビタミンを補給して!

化粧水でビタミンC配合のものが最近は多いですが、日焼け後の肌には、刺激的です。そのため、内側からの吸収をお勧めします。また、日焼け後は、肌だけではなく、体全体が水分を欲します。

 

不足したぶんの水分はしっかりと補給しないと、再生も遅くなり、肌への負担だけでなく、体の負担も大きくなります。

 

 



スポンサーリンク