おしゃれな部屋って、どう作る?重要ポイント5つ♡

Loading♡お気に入り



スポンサーリンク

一人暮らしや自分の部屋、おしゃれにしたい!

実家の自分の部屋だったり、一人暮らしを始めた自分だけの空間。「インスタグラムに載っているようなおしゃ部屋にしたい」なんてぽ持ったこと、ありませんか?でも、いざやろうとすると、何だかしっくりこなかったり、物が多すぎる気がしたり…。

 

「何でおしゃれな部屋にならないの?」もしかしたらコツを抑えて居ないからかも。

 

おしゃ部屋の作り方、5つのコツを意識するだけ。

おしゃれな部屋作りって言ったってセンスないし、どうすればいいかわかんない!そんな時に意識するのは、5つだけ!

 

 

①ベースカラーとアクセントカラーを決める

 

Erina Nakataさん(@erinanakata)がシェアした投稿

 

ベースカラーとアクセントカラーを決めましょう。お部屋のテーマを決めるのでも◎アクセントカラーは、全体の色調に変化をつけ、他の色を引き立てたりする色のことです。

 

お部屋全体のベースとなる色を決めると、一気におしゃれなお部屋になります。ベースカラーは、床の色をメインに決めると簡単!最初のうちは、2色ほどでまとめるとおしゃれにまとめやすくなります。

 

また、淡い色でまとめられたお部屋のポイントとして濃い色の家具を取り入れると、お部屋にメリハリが生まれ、スタイリッシュでおしゃれな空間になります。

 

 

②見せる収納にする

 

sayaka.さん(@sayaka_j89)がシェアした投稿

 

雑誌やテレビなどでも特集している、”見せる収納”お店のディスプレイさながらに収納することで、おしゃれに見せることができちゃいます。

 

一人暮らしは特に、お部屋からキッチンが見えたり、収納自体が少なかったりと限られたところでどう収納するかが鍵になってくることも。調味料やキッチンツールを見せる収納にすることで、お部屋のおしゃれ度や、キッキッンもお部屋の一部な感じにぐっとグレードアップします。

 

ウォールシェルフを取りつけたり、収納ボックスや収納ケースを同じ色で統一。そうすると、おしゃれな見せる収納に。また、収納ボックスに貼るラベルやシール、パッと見た時に見える部分を同じイラストや写真を使うことで、統一感もありつつおしゃれに収納できます。

 

 

③バランスの良い配置

 

「一番難しいよ!」と言われがちな”バランス”。「バランスって言ったって、そうすればいいの?」なんて意見や声も多く聞きます。そんな時は、大きな家具や、絶対的な家具を基準に決めていきましょう。

 

  • テレビを基準
  • ベッド基準
  • ソファ基準 

など

 

特にテレビは、動線が決まっていることも多く、場所が勝手に決まってしまうことも多いアイテム。テレビとソファの位置を基準にどこに何を置けばいいか、考えて見ましょう。

 

 



スポンサーリンク