定期的に歯科検診行ってる?今から行かなきゃヤバイかも?!

Loading♡お気に入り



スポンサーリンク

みなさん定期的に歯科検診に行ったり、歯のクリーニングを受けたりしていますか?!

 

歯医者が苦手な人って少なくないので、虫歯や何か困ったことがない限り、歯医者に行く人ってまだまだ少ないんですよね、、、。

 

でも、綺麗な歯をずっと保ちたいのなら20〜30代のうちに定期的に歯医者さんに行くことを強くオススメします!

 

なぜなら、今から行っておかないと、気づくと手遅れになっているケースもあるんです・・・!

 

定期検診って何するの?!

定期的な歯科検診が大切ってことは理解しているけれど、なかなか足が向かない・・・という人も多いですよね。

 

定期的に歯科検診を受けていない人は、まず検診で何をするのか不安に思っているのではないでしょうか?!

 

どのようなことをするかは、歯科医院によって違うと思いますが、だいたいは

・レントゲン撮影(毎回ではない)

・歯周ポケットの検査

・虫歯チェック

・磨き残しのチェック

・歯のクリーニング

など

をすることが多いと思います。

 

レントゲン撮影は初診のときや、以前レントゲンを撮ってからだいぶ間があいている場合にすると思います。

 

レントゲン撮影をすることで、目に見えないところを確認することができるからです。

 

歯のクリーニングのときに磨けていないところや要注意のところを歯科衛生士さんが教えてくれ、どのように磨けばいいかなど教えてくれるでしょう。

 

なんで今から行かないとヤバイ?!

虫歯も痛みなく進行している場合がありますが、どちらかというと歯周病の方が怖いです。

 

歯周病は目立った自覚症状なく進行することが多く、痛みや腫れなどの症状が出てきてからでは遅い場合もあります。

 

歯周病というのは、歯茎が炎症を起こし、歯を支えている周りの骨を溶かしてしまうので、悪い状態を放っておくと歯を支えられなくなり、歯がグラグラになって最悪の場合抜けてしまいます。

 

20〜30代で早めのうちに歯周病ケアをしっかりしておくことで、このような最悪のケースを避けられます。

 

歯がグラグラになると、硬いものを食べられなくなったり、噛むだけで痛みが出たりと色々大変です。

もちろん歯周病が進行すると独特な口臭もするようになります。

 

自分の歯で食事をおいしく楽しめるように、今のうちからしっかりケアしていきたいですね♪

 

 



スポンサーリンク