セルフネイルのモチが悪い人必見!見直すポイントとは?!

Loading♡お気に入り



スポンサーリンク

最近はセルフネイルをする女子が増えてきていますよね♪

 

なんたってネイルサロンに行くより格段と費用を抑えられるし、予約を取らなくても、好きなときや暇なときに自分でできちゃうのが魅力です!

 

セルフネイルを続けているうちに、ネイルの技術も上がってくるので嬉しいですよね!

 

ただ、自分でネイルをするとモチが悪いという人いませんか?!

この悩みがある人結構多いです!

 

ネイルのモチが悪い人はあることを改善すれば、ネイルのモチもよくなりますよ♪

 

下処理がとっても重要!

 

bynaillaboさん(@bynaillabo)がシェアした投稿

 

 

ネイルのモチにとっても関わりがあるのがプレパレーション(下処理)です。

 

これを怠ってしまうと、やはりネイルがすぐ浮いてきたり剥がれてきたりする原因にもなります。

 

プレパレーションは慣れないうちは時間がかかりがちですが、慣れれば難しくないので、しっかり行うようにしましょう!

 

甘皮処理はもちろん、サイディング(爪の表面に傷をつけてツヤをなくすこと)が必要なネイルでなればサイディングも丁寧に行いましょう。

 

ベースを塗る前に!

 

👑enenstlye Salon👑さん(@enenstlyesalon)がシェアした投稿

 

爪の形を整えたり、甘皮処理、サイディングを行うと粉などが爪の表面にたくさんついてしまいます。

 

このようなダストをしっかり取り除くことも必要ですが、ネイルの大敵とも言われている油分にも気をつけなければいけません。

 

ダストをブラシなどで取り除いたあと、ジェルクリーナーでしっかり爪の表面の油分を拭き取りましょう!

意外とこの手順を飛ばしている人が多いので、これをちゃんと行うだけでもネイルのモチは変わってくると思いますよ♪

 

 



スポンサーリンク