小鼻の赤みをどうにかしたい!原因と対策まとめ

Loading♡お気に入り



スポンサーリンク

毛穴の黒ずみや皮脂分泌など、様々な悩みが発生しやすい小鼻。

そんな小鼻の周りの赤みで悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

今回はそんな小鼻の赤みの原因と対策を徹底的に解説します。

 

小鼻の赤みは4タイプ

小鼻の赤みを引き起こす原因は大きく分けて4つあります。

 

  • 体質
  • 毛細血管拡張症
  • 炎症
  • 脂漏性皮膚炎

 

この4つのタイプのうち、自分がどのタイプに当てはまるのかを確認して、症状に合ったケアをしてくださいね。

 

体質からくる小鼻の赤みの原因と対策

小鼻の周りには多くの毛細血管があります。

皮膚が薄い方や色白の方はその毛細血管の色が透けやすく、小鼻回りが赤く見えています。

 

小さいころから小鼻周りが赤かった方や気づいたときには赤かったという場合は体質の可能性が高いです。

また、顔がすぐ赤くなったり、鏡でよく見ると毛細血管が見える方もこのタイプです。

 

体質で小鼻周りが赤い方は、遺伝的要素や生まれ持った体質が大きく影響している為、セルフケアでの改善は非常に困難です。

しかし、小鼻の周り自体がトラブルを起こしているわけではないので、コンシーラやファンデーション等でカバーすることは可能です。

 

小鼻周りは皮脂の分泌が多く、顔の動きで化粧が崩れやすい箇所ですので、コンシーラを選ぶときは肌にフィットしやすいやわらかめのリキッドタイプがおすすめです。

 

色は肌馴染みの良いベージュカラーを選んでくださいね。

また、どうしても改善したい場合は美容クリニックのレーザー治療や光治療で改善する方法もあります。

 

毛細血管拡張症の原因と対策

毛細血管拡張症とはその名の通り毛細血管が常に拡張してしまっている状態です。

その為、血管が目立ちやすくなり皮膚に赤みが出ます。

 

毛細血管拡張症は寒い地域での暮らしや寒暖差の大きい環境等が原因で起こりやすくなります。

また、体質的に顔がすぐ赤くなる方や刺激で赤みが出やすい方も当てはまります。

 

毛細血管拡張症を改善するには、まず皮膚をこすったり過度なピーリングをするなど、皮膚への刺激は禁物です。

また、食べ物の刺激も影響を受けやすい為、アルコールや香辛料の摂りすぎにも注意しましょう。

 

毛細血管拡張による小鼻の赤みもセルフケアでの改善が難しいので、メイクでのカバーや美容クリニックでのレーザー治療などが有効です。

 

 



スポンサーリンク