市販でセルフケア?!効果的なシミやそばかすを消す方法♪

Loading♡お気に入り

cover image : https://www.instagram.com

<script>” title=”<script>

スポンサーリンク

<script>

シミって消えないの?単純に疑問に思う方も多いハズ・・・

若いときはなかったシミが大人になってからどんどん増えてきている!そんな方は多いのではないでしょうか?

このシミ、実は簡単に消す方法があるってご存知でしたか?

皮膚科での治療が早く消せる一歩かもしれませんが、なるべく自然に自分の手で消せたら嬉しいですよね♡

ですがシミを消すには、シミの情報を正しく知っておかなければなりません。

そんな今回はシミの原因と、シミを消す方法についてお伝えしていきます♪

 

そもそもシミの原因ってなに?

 

KavinPogzさん(@patz9542)がシェアした投稿

 

まずは、シミの原因を知っていきましょう。

シミのできるメカニズムは紫外線を初めとする外的刺激によっての「メラニン」に原因があります!

シミは、メラミサイトが刺激されて過剰に生成されたことによりメラニンが色素沈着することでできます。

 

ターンオーバーを繰り返す事で自然となくなるシミもあれば、加齢やホルモンバランスによって出たり消えたりするもの、そして真皮までダメージをうけたものは薄くならないものもあります。

シミは嫌な事に、消えるものも消えないものもあるんです。

それは、濃さや深さによっても影響がでてきます。

 

自分のシミの種類は?気になる見分け方を知ろう

 

hiromi hashimotoさん(@21hiromi)がシェアした投稿

 

つばころさん(@tubacoro88soo)がシェアした投稿

 

シミの種類について一度見ておきましょう!

 

☆セルフケアでの改善が出来るもの☆

  • 老人性色素斑→顔の高い部分にできやすい1mm~10mm程度のシミ。
  • 花弁状色素斑→背中~肩にできるシミで強い紫外線の影響でできるもの。
  • 炎症性色素沈着→ニキビ跡や傷跡などがシミになったもの

 

 

☆セルフケアでシミを薄くする事ができるもの☆

  • 肝斑→左右対称にできる濃淡が均一なシミ。女性ホルモンの影響でできるものもある。
  • そばかす→鼻周りを中心としてできる数mm程度の斑点。遺伝的なものが多い。

 

他、いぼ状に盛り上がった状態のシミもありますがこのセルフケアは難しいとされています。

皮膚科への相談をおすすめします☆

セルフケアでの改善が出来るものでも完全になくすことが難しいものもあります!

シミ対策には日々のケアが非常に大事なので、毎日行って頂ければより効果的です♡

 

 

<script>” title=”<script>

スポンサーリンク

<script>