彼とサイクリングならこれ!輪行袋でワンランクアップ!

Loading♡お気に入り

<script>” title=”<script>

スポンサーリンク

<script>

暖かい季節になると、デートで彼とサイクリングに行く人も多いのではないでしょうか。

 

しかし、この時に女性が輪行袋を持参することで、その女性の意外性に彼は驚き、そして彼に女性の魅力を感じさせることができます。

 

今回は、そんな彼とのサイクリングデートで、彼にドキドキさせてしまう輪行袋を紹介していきます。

 

輪行袋とは?

輪行袋とは、誰でも簡単に自転車を入れて持ち運ぶことができる袋のことを指します。

 

例えば、普段日常的に使用している折りたたみ自転車はもちろん、クロスバイク等もこの輪行袋に収納することができます。

 

そのため、自転車の競技をする人はもちろん、サイクリングなどが好きな自転車愛好者においても、この輪行袋は必需品と言っても過言ではありません。

 

輪行袋の特徴は?

輪行袋を使用するにあたり、さまざまな特徴があります。

 

したがって、自分が使用している自転車に合ったものや、使用目的に合ったものを選ぶ必要があります。

 

そのためには、まずは輪行袋にはどんな特徴を持ち合わせたタイプのものがあるのかを知っておくことが大切です。

 

それでは、輪行袋の特徴を詳しく見ていきましょう。

 

軽量性のもの

軽量性は、女性には嬉しいタイプのものになります。

 

彼とのデートで、公共交通機関などの利用が長時間に及ぶ場合には軽量性がおすすめです。

 

防水性が高いもの

防水性が高いものは、彼とのデートでにおける突然の雨などに最適になります。

 

しかしながら、雨は予報でしかなく一体いつ降るのかという確実なものが分かりません。

 

したがって、あえて防水性を持ち合わせたものを始めから購入しておくというのも一つの方法です。

 

前輪のみ外す

前輪のみ外して収納する輪行袋になります。

 

この前輪のみ外して収納する輪行袋には、前輪固定用タイベルトでしっかりと固定してから持ち運ぶようにしましょう。

 

前後輪を外す

前後輪の両方を外して収納する輪行袋になります。

 

この前後輪の両方を外して収納する輪行袋は、タイヤがとてもコンパクトにまとまるので荷物が多くてもかさばりません。

 

輪行袋の使い方は?

輪行袋の使い方は、誰でも簡単にできます。

 

まずは、自転車本体を折りたたんだり車輪を分解するという作業を行いましょう。

 

その後に、輪行袋には、自転車本体をそのままバッグ収納するものと、ベルトで自転車を固定して吊ってから収納するものと2種類あるため、これらの輪行袋の種類による収納の方法に従うようにしましょう。

 

 

<script>” title=”<script>

スポンサーリンク

<script>