アラサーになったらメイクを変えるべき!上品で美しいメイク

Loading♡お気に入り

<script>” title=”<script>

スポンサーリンク

<script>

アラサーになると、段々お肌の曲がり角を感じて、スキンケア用品を切り替え始める人も多いはずです。

アラサーになったのであれば、スキンケア用品と一緒にメイクも変えていきましょう。

アラサーにしかできない、自然な魅力を前面に出す上品なメイク術を紹介します。

 

 

アラサーメイクのポイント1.力を入れるのはベースメイク

 

Ikumiさん(@ikuminbeauty)がシェアした投稿

 

アラサーメイクのポイントは、まずベースメイクに力を入れるということです。力を入れるというのは、色々な物を乗せるというわけではなく、テクニックを使いながら美しく見せるということです。

 

 

10代や20代前半は、自分の肌の色に合っているようなファンデーションを適当に乗せているだけでも、アラがでてくることはほとんどありませんでした。しかしアラサーになると乾燥による小じわやシミが目立つようになってきますよね。

 

 

F♡さん(@mmk_553)がシェアした投稿

 

 

まずは自分の肌に本当に合っているファンデーションを見つける必要があります。1度コスメカウンターで自分の肌はブルベなのかイエベなのか、どれくらいのトーンなのか調べてみると良いでしょう。

 

 

アラサーメイクのベースは厚塗りにはせずに素肌っぽさを残すことが大切です。ニキビやシミ、赤みなどはコンシーラーやコントロールカラーを使って自然にカバーして、ファンデーションの量は少量で肌を自然に綺麗に見せていきましょう。

 

 

アラサーメイクのポイント2.アイメイクは抜け感を意識

 

nanaさん(@iknanaa.cosme)がシェアした投稿

 

アラサーメイクのポイント2つ目はアイメイクです。10代から20代前半にかけては、アイメイクに力を入れてきた人が多いのではないでしょうか?カラコンやつけまつげを使ってデカ目可愛い自分を作り出すのは、20代前半までで終わりにしましょう。

 

 

アラサーのアイメイクはとにかく抜け感が大事です。抜け感というのは、力を入れすぎないことです。グラデーションカラーのアイシャドウ、黒のがっつりアイライン、バサバサボリュームのマスカラ、というように全部を主張するメイクだときつく見えてしまうこともあります。

 

 

<script>” title=”<script>

スポンサーリンク

<script>