注目の「水クレンジング」!肌に負担がかかるって本当?

Loading♡お気に入り

<script>” title=”<script>

スポンサーリンク

<script>

まつげエクステをしている人や時短メイクの強い味方「水クレンジング」

オイルを使わないし、水だから肌に優しいと思い込んでいませんか?

実は、水クレンジングの選び方や使い方を間違えると肌に悪い影響があるのです。

 

今回は水クレンジングの正しい選び方と使い方をご紹介します。

 

水クレンジングとは

 

cii♡さん(@t__o.com__)がシェアした投稿

 

水クレンジングとはリキッドタイプのクレンジング剤の一種で

水分量が多くさらさらとしたテクスチャから「水クレンジング」と呼ばれています。

 

オイルタイプやクリームタイプのような粘り気がないのでコットンに染み込ませて使用します。

 

水クレンジングが特殊なのは、クレンジングの後に洗顔を必要としないところです。

メイクを落とすだけでなく、洗顔や化粧水の役目を果たしてくれる水クレンジングも存在します。

そのため、時短メイクや疲れた夜にも役に立つ便利なクレンジング剤です。

 

また、まつげエクステをしている人は

メイクやクレンジング剤に含まれる油分がエクステの接着剤をとかしてしまうため

水クレンジングが必須になります。

 

水クレンジングの選び方

 

enmmさん(@enmm.15)がシェアした投稿

 

界面活性剤の含有量

 

水クレンジングの界面活性剤含有量は、メイクの落ちやすさに関係しています。

 

今までのクレンジング剤というのは油分と界面活性剤、二つの効果でメイクを落としています。

ところが、水クレンジングの場合はオイルフリーで界面活性剤の力のみでメイクを落とします。

そのため、界面活性剤の含有量がメイクの落ちやすさに直結するのです。

 

界面活性剤というとなにか肌に悪い気がして

界面活性剤フリーや含有量の少ないものを選びたくなりますが、

界面活性剤が少ないためにメイクが落ちにくくなり、ごしごしと肌を擦ることになってしまいます。

肌を強くこすると肌のバリアが壊れ、

シミや色素沈着などの肌トラブルにつながりますので注意しましょう。

 

内容量

 

水クレンジングはたっぷりとコットンに染み込ませて使う必要があるので

抵抗なくシャバシャバ使えるものを選ぶことをおすすめします。

 

少しずつ使っていると、メイクを落とす際にコットンが肌と擦れて

肌にダメージを与えてしまいます。

 

美容成分

 

水クレンジングはメイクを落とすだけではなく

洗顔や化粧水の役割が含まれているもの、保湿効果や美容成分が含まれているものなど

製品によって特徴が異なります。

 

クレンジング以外の効果も自分の肌に適したものを選びましょう。

 

 

<script>” title=”<script>

スポンサーリンク

<script>