食パンは焼き方で味が変わる!美味しい焼き方3選!

Loading♡お気に入り

<script>” title=”<script>

スポンサーリンク

<script>

近年、パンメーカーはとても食パンを作る部門において力を入れています。

 

そして、各パンメーカーによって「しっとり食感」「もちもち食感」「ふんわり食感」など、特徴も異なり消費者もさまざまなパンの味わいを楽しむことができます。

 

しかし、この食パンは実は焼き方によって味が大きく変わるということを知っていますか?

 

今回は、そんな食パンの焼き方について紹介していきます。

 

食パンの焼き方とは?

食パンを焼く際に、多くの人がオーブントースターに入れて焼くだけと思っているのではないでしょうか。

 

そのため、焼き加減にこだわりたい人にとっては、毎回オーブントースターから目が離せないという人もいます。

 

そんな人は、まず食パンをオーブントースターに入れる前に、先にオーブントースターを温めておき、オーブントースター内の温度を高い状態にしておきましょう。

 

そうすることで、短時間で食パンの表面にはカリッとした味わいの焼き色が付く上に、食べるとモチモチとした食パンの味わいを楽しむことができます。

 

食パンを焼く方法はさまざま!

食パンを焼く方法と言えば、オーブンや電子レンジと思いがちですが、実は、この食パンを焼く方法はこれらの他にも、家庭で誰でも簡単に焼くことができる方法があります。

 

それでは、このオーブンや電子レンジ以外で、食パンを美味しく焼く方法を見ていきましょう。

 

フライパン

フライパンは、料理で使用するものと思いがちですが、実は食パンを焼くのに最適です。

 

フライパンは、食パンの全面に同じ火力が通るため、時間も3分程で食パンを美味しく焼くことができます。

 

グリル

グリルは、一般的には魚を焼くときに使用されています。

 

このグリルは、グリル内が一瞬で高温になるため、オーブンと違って事前に温めておく必要がありません

 

また、このグリルは、グリル内が一瞬で高温になるという特徴から、焼き時間もかかりません。

 

食パンの美味しい焼き方は?

オーブントースターやフライパン、そしてグリルを使用した場合、それぞれに美味しい焼き方というものがあります。

 

それでは、オーブントースターやフライパン、そしてグリルを使用した場合の美味しい焼き方を見ていきましょう。

 

オーブントースター

オーブンを使用した食パンの美味しい焼き方は、とにかく高温と短い時間で焼き上げるということが大切になります。

 

したがって、オーブンは温まるまでに時間がかかるため、事前に温めておく必要があります。

 

そして、オーブンは、奥が最も温度が高い仕様になっています。

 

そのため、オーブンの奥に食パンの耳をセットしてしまうと、どうしても耳の部分のみが焦げてしまうということがあります。

 

したがって、食パンの耳の部分はオーブンの手前にセットしましょう。

 

フライパン

フライパンを使用した際の美味しい食パンの焼き方は、少量のバターを敷いて焼くことがポイントになります。

 

まず、フライパンに少量のバターを入れて溶かしたら、食パンを入れて焼いていきます。

 

そうすることで、焼き色も付く上に、外側はサクサクで中はモチモチの味わいのトーストに、時間も短時間で簡単に仕上がります。

 

グリル

グリルを使用した際の美味しい食パンの焼き方は、焼き時間がポイントになります。

 

グリルは、魚焼きグリルとしても使用されているように、短時間で中まで焼き上げるというのが特徴になります。

 

そのため、食パンの中までモチモチ食感のトーストに焼き上げてくれるのですが、少し目を離してしまうと焦げる場合もあります。

 

したがって、グリルを使用して食パンを焼く場合は、食パンから目を離さないようにして焼き時間に注意しましょう。

 

 

<script>” title=”<script>

スポンサーリンク

<script>