アイプチはこんなに種類があった!あなたはどのタイプ?

Loading♡お気に入り

<script>” title=”<script>

スポンサーリンク

<script>

近年、アイプチはさまざまな種類が豊富に販売されています。

 

そのため、一体どれが自分に合ったものなのかよく分からない人も多いのではないでしょうか。

 

また、一重から二重になりたいけれども、なかなかアイプチが上手くいかないという人がたくさんいるというのも現状です。

 

今回は、そんなアイプチの種類や上手な使い方について紹介していきます。

 

アイプチとは?

アイプチは、ほとんどの女性が一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか。

 

アイプチというものは、まぶたの一重を二重にするアイテムになります。

 

特に女性においては、一重よりも二重の方が目をパッチリと見せることができるという理由から、アイプチはとても人気があります。

 

アイプチの種類は?

アイプチには、2つの種類があります。

 

それでは、このアイプチの2つの種類について見ていきましょう。

 

接着タイプ

アイプチの接着タイプは、のりの液体をまぶたに線を引くように塗ってから、プッシャーでまぶたを折り込むようにして持ち上げて、二重をつくります。

 

非接着タイプ

これは、折り込み式とも呼ばれています。

 

このアイプチの非接着タイプは、まぶたに液体を線を引くようにして塗ることで薄い膜となるため、肌同士をくっつけることがなく、肌に優しいタイプになります。

 

アイプチのやり方は?

アイプチは、基本的な使い方を覚えておけば、誰でも簡単に使用することができます。

 

ただ、このアイプチは誰しもが最初から上手にできるものではありません。

 

アイプチは、練習すればするほど、上達していきます。

 

そして、毎日アイプチでまぶたに二重のくせを付けることでことで、アイプチがしやすくなったり、アイプチをしなくても二重になったという人も中にはいます。

 

それでは、このアイプチの基本的なやり方を見ていきましょう。

 

まぶたを拭く

まずは、まぶたに付着している汚れや油分を取り除くことが大切です。

 

コットンや洗顔シートを使用して、丁寧に落としていきましょう。

 

二重ラインの確認

二重を作りたいラインを決めていきます。

 

あまり幅を大きくとった二重にしてしまうと、なかなか二重が作りにくい上に不自然に見えてしまいます。

 

したがって、二重を作るラインは、まつげから5ミリ~7ミリあたりにするのがおすすめです。

 

アイプチを塗る

二重を作りたいラインに、液を塗っていきます。

 

この時、目頭にから目尻にかけて塗る液の量を少なくしていきましょう。

 

つまり、目頭にはしっかりと液を塗り、目尻にかけては薄く塗っていくのがポイントです。

 

そして、そのラインの部分にプッシャーを軽くあてて、まぶたを押し上げていきましょう。

 

この時に、プッシャーをまぶたに深く差し込んでしまうと、外す時にせっかくの二重のラインが崩れてしまいます。

 

したがって、このプッシャーを使用する時は、二重を作りたいラインに優しく押し当てるようにすることが大切です。

 

 

<script>” title=”<script>

スポンサーリンク

<script>