妊娠線を予防する方法とは?おすすめ予防グッズを紹介!

Loading♡お気に入り

<script>” title=”<script>

スポンサーリンク

<script>

妊娠した際に、体型などの見た目を気にする女性が多いですが、その中でも妊娠線を気にしている女性が多いです。

 

妊娠線は全員できるものではありません。妊娠線ができる人もいれば、全くできない人もいてます。
正直、その人の体質なども関係があるのだと思いますが、予防できるのなら予防しておきたいですよね♪

 

今回は妊娠線を予防する方法と、オススメの妊娠線予防グッズを紹介したいと思います♪

 

妊娠線ができる原因って?

 

しぃちゃむ。さん(@chibi_s_26)がシェアした投稿

 

妊娠線とは別名でストレッチマークとも呼ばれており、妊娠で子宮が大きくなるのと伴いお腹が大きくなる際に、肉割れを起こしてしまうものです。

 

皮膚の内部が裂けてしまい、皮膚の表面が内出血を起こしてしまう状態です。
なので、新しくできた妊娠線は赤紫っぽい色をしており、時間とともに白っぽい線へと変化していきます。

 

皮膚の乾燥が妊娠線の原因だからと、一生懸命保湿クリームを塗っている人でも妊娠線ができてしまうことは多々あります。

 

どうしてかというと、妊娠線の原因は肌の乾燥や弾力の問題だけでなく、皮下脂肪にも関係しているのです。
皮下脂肪が増えれば増えるほど、それだけお腹やその他の部位にもお肉がついてしまいます。それで肉割れを起こしやすくなってしまうんですね、、、。

 

なので、妊娠線を予防するためには、保湿クリームをぬるだけでなく、急激な体重の増加は絶対控えたほうがいいのです!

 

妊娠中って悪阻がおさまると、ついつい何か食べたりしちゃうし、今までみたいに動けないので運動不足にもなりがちです。
急激な体重の増加は、お産も大変なものになりやすいですし、いい事はありません。

 

意識で体重増加は防げますので、毎日体重を計るなど常に意識するようにしましょう!

 

できてしまった妊娠線は消えるの?

 

Rincaさん(@rin_ca_ca)がシェアした投稿

 

一度できてしまった妊娠線はなかなか消えないと言われています。
なので、妊娠線ができたから水着が着れなくなったと悩んでいるママが多いのも事実です。

 

実際には、絶対に妊娠線が消えないわけではないようです!

 

最近では、できてしまった妊娠線を消すクリームなども販売されていますよね。
そういうケアをしっかりしていると、ある程度目立たなくなるようですよ♪

 

しっかりキレイにしたいという人は、皮膚科や美容外科でレーザー治療を受けるのもいいと思います。

 

妊娠線は、予防していても出来てしまうときは出来てしまうのです、、、。
産後にいきなり妊娠線ができたという人もいるようです。

 

妊娠線ができたからといってあまり落ち込まないで、ケアを怠らないようにしましょう♪

 

 

<script>” title=”<script>

スポンサーリンク

<script>