肩こりがあると痩せない?コリをほぐして痩せ体質に♪

Loading♡お気に入り

<script>” title=”<script>

スポンサーリンク

<script>

デスクワークを続けると、どうしても肩こりなどの不調がでてきますよね。

思い切ってマッサージにいくと、肩だけでなく首や背中、お尻などいたるところのコリを指摘されびっくりすることも!

 

実は、”こり”はダイエットと深い関係があります。

たかが、肩コリと放置しておくと、どんどんおデブになってしまうかも?

 

コリがあると太る?その原因とは

 

そもそも”コリ”とは、何でしょうか?

 

その正体は、筋肉が縮んで固まっている箇所のことです。

ちなみに、「肩がはる」のはるというのは、このコリのせいで縮んだ筋肉を伸ばそうとコリ周辺の筋肉が伸びている状態のこと。

 

コリが続くと、次はコリ周辺がはってくるようになります。

 

筋肉が縮んでしまうと、血の流れが悪くなります。

血の巡りが悪くなると、様々な栄養素が体中にいきわたりません。

 

また、コリは老廃物を運ぶリンパの流れにも悪影響です。

 

体のいろいろなところにコリがあると、体を巡る血液やリンパの流れがスムーズに行かなくなり、老廃物の排出や栄養の供給が上手くいかずダイエットの妨げになります。

 

コリはどこにできやすい?

 

肩は、メジャーなコリのスポットですが、近年はスマホの使用時間の上昇により「首コリ」に悩む方も増えていっています。

 

首は、リンパの流れが集中する箇所でもあります。

 

顔がむくみやすい、顔が太りやすいなどのお悩みのある方は、もしかいたら首のコリが原因かもしれません!

 

また、意外なところでは「おしり」にもコリがあるのはご存知でしたか?

 

お尻のこりは自覚症状が少ないので、自分ではわからないことも多いです。

親指やこぶしで、グッとお尻を押してみてください。

もし痛いと思うところがあれば、それがお尻のコリです。

 

お尻のコリは、下半身全体のむくみや太さだけでなく、便秘や冷え性の原因にもなっていると言われるくらい大きな影響があります。

 

せっかく、ダイエットに励んで食事制限や運動を頑張っても、もしかしたらコリのせいで台無しになっているかもしれません!

 

 

<script>” title=”<script>

スポンサーリンク

<script>