暑さ対策のアレとかコレとか!夏太りの原因TOP3

Loading♡お気に入り

<script>” title=”<script>

スポンサーリンク

<script>

代謝を下げる原因になるので、ちゃんと湯船に浸かるようにしましょう。冬のように長く入らなくてもいいのですが、ある程度の時間は浸かって、夏の暑さで疲れた体を労わるようにしてください。

 

冷たいものが美味しい夏は、内臓も冷えがち。内臓の温度を正常に戻す効果もあるとされているので、なるべくお風呂は湯船につかってください♬

 

原因3 夏バテしないように!なんて”食べすぎ・カロリー過多”

仕事や学校に支障も出るし、夏は思いっきり楽しみたいから、「夏バテなんかしてられない!」とたくさん食べてること、ありませんか?また、逆に「食欲ないな」なって思って、ちょっとした栄養補給のものがカロリーの高いものだったりしませんか?

 

体力をつけるために無理して食べる、カロリーの高いものを食べる。それも夏太りになる原因。夏は基本的に内臓が疲れているので、「食べなくていいよ」というサイン。なのに、体力つけなきゃと本能を無視して食べてしまうと太ります。

 

また、カロリーの高いものは、口当たりが良く、なんとなく食べやすい気がしていますが、実はカロリーが高いものを消化するのに、内臓はかなりの体力や力を使います。なので、逆に夏バテしてしまう可能性も!ついついコンビニなどに行って、甘いものやアイスクリームなど買ってしまう人は要注意!

 

思い当たるものはあった?今日から少しだけ注意して。

夏太りの原因は多々ありますが、TOP3を紹介しました。自分に思い当たる節はありましたか?この他にも「冷たいものの摂りすぎ」や「偏った食事(そうめんだけ とか)」など、多くの原因が。「夏だから自然に痩せるでしょ!」なんてことはないので、自分の体調と相談しながら、気をつけて見て。水分や食事は今日から改善できるはず!まずはできるところから♬

 

 

<script>” title=”<script>

スポンサーリンク

<script>