体も心もほっこり!美味しい!そうめんは万能食材!

Loading♡お気に入り

<script>” title=”<script>

スポンサーリンク

<script>

夏と言えば、そうめんを思い浮かべる人も多いのではないでしょうか。

 

そうめんは、茹でて食べるだけの食材だと思っている人はいませんか?

 

実は、このそうめんは奥が深く、茹で方ひとつで劇的に美味しくなる上に、アレンジもすることができます。

 

今回は、そんなそうめんについて紹介していきます。

 

また、このそうめんは、漢字で表記すると「素麺」となりますが、日本のお店などでは「そうめん」と表記されていることの方が多いです。

 

そのため、「素麺」よりも「そうめん」と記載された方が、パッとすぐにあの細い麺を想像できる人が多いのではないでしょうか。

 

したがって、今回は「そうめん」と平仮名表記で紹介していきます。

 

そうめんとは?

そうめんとは、水と食塩を小麦粉に入れて混ぜたものを細くカットして乾燥させた麺のことを指します。

 

そうめんには、食品表示基準によって規定があり、手延べそうめんは麺1本の直径が1.7mm未満につくられ、機械そうめんは麺1本の直径が1.3mm未満となります。

 

また、ひやむぎは麺1本の直径が1.3mm以上1.7mm未満であり、うどんにおいては麺1本の直径が1.7mm以上という規定になっています。

 

したがって、そうめんがいかに細いかということかが、この規定から分かります。

 

そうめんのゆで方は?

そうめんは、ゆで方次第で味が変わってくるといっても過言ではありません。

 

それほど、そうめんにおいて「ゆでる」という過程は、重要なものになります。

 

それでは、そうめんが一段と美味しくなるそうめんのゆで方について詳しく見ていきましょう。

 

鍋の用意

そうめんをゆでる上で、まず大切になるのが鍋の大きさです。

 

例えば、5束のそうめんをゆでる場合には、3L以上のお湯が必要になります。

 

このように、そうめんをゆでる量によって、鍋の大きさを考慮する必要があります。

 

お湯を沸騰させる

そうめんは、沸騰させたお湯でゆでることが大切になります。

 

もし、お湯の温度が低い上に、お湯の量も少ない状態でそうめんをゆでた場合、そうめんそのものの風味を失ってしまうことになりかねません。

 

したがって、そうめんは、沸騰させたお湯でゆでるようにしましょう。

 

強火を維持

お湯を沸騰させたら、その沸騰させている強火のまま、そうめんを束からばらすようにして沸騰しているお湯の中にさっと入れていきましょう。

 

なぜ、そうめんをゆがく時に沸騰させている状態のお湯の中に入れるのかというと、お湯が沸騰によりグツグツしているこの沸騰状態を利用して、そうめん1本1本がくっつかないようにばらしてゆがくことができるからです、

 

しかし、この時に弱火にしてお湯の温度を下げてゆでてしまうと、そうめん1本1本がくっついてしまい束のような状態になってしまします。

 

したがって、そうめんをゆでる時には、お湯の沸騰状態を維持するためにも、強火を維持するようにしましょう。

 

また、そうめんのゆで時間においては、各そうめんの種類や細さによって異なります。

 

したがって、そうめんの入っている箱やパッケージを見て、記載されているゆで時間をしっかりと確認するようにしましょう。

 

ザルにあげる

そうめんをゆで終えたら、ザルにあげてそうめんを流水で洗います。

 

そして、流水でしっかりとそうめんのぬめりを洗い流しましょう。

 

このぬめりをしっかりと流水で洗い流すことで、風味があってコシのある美味しいそうめんになります。

 

そして、流水でそうめんを洗い流し終え、ザルでしっかりと水気を切ると、美味しいそうめんの出来上がりです。

 

そうめんのつゆとは?

そうめんのつゆは、お店へ行くと、さまざまなメーカーから豊富に販売されています。

 

しかし、このそうめんのつゆは自分で作ることも可能です。

 

そうめんのつゆは、基本的には「水」「醤油」「みりん」「白だし」の4つを混ぜ合わせて、軽く煮立たせて冷ますことで簡単に誰でも作ることができます。

 

また、このそうめんのつゆは、ネギやワサビといった薬味を入れることで、つゆだけを使用して食べる状況から味変することも可能です。

 

そうすることで、そうめんが二度美味しくなります。

 

したがって、そうめんを食べる時には自分の好みに合った薬味も準備して、そうめんのつゆと合わせて食べることをおすすめします。

 

 

<script>” title=”<script>

スポンサーリンク

<script>