消えない目元のクマのタイプ別、正しいケア方法を伝授!

Loading♡お気に入り

<script>” title=”<script>

スポンサーリンク

<script>

目の下にクマがあると疲れた印象に見えるし、せっかくのアイメイクも映えなくなってしまうのでなんとかして消したいですよね。

 

でも、コンシーラーやファンデーションを厚塗りするとヨレて余計に目立ってしまうことも!

 

目の下のクマは厄介で、悩んでいる女性も多いのではないでしょうか。

 

クマを綺麗になくすためには、メイクで隠すことばかり考えずに根本から解消していくことが大事です。

 

今回は、目元のクマの種類別に正しいケア方法を伝授していきますので是非参考にしてみてくださいね。

 

 

目の下のクマは3種類ある!

クマには青クマ茶クマ黒クマの3種類があります。

 

原因・ケア方法もそれぞれ違うので、自分がどのクマなのかしっかりと把握することがポイントになります。

 

クマができる原因は?

  1. 青クマ・・・血行不良によって目の周りの毛細血管が滞ることが原因。主に寝不足目の疲れから起こります。 

     

  2. 茶クマ・・・シミや摩擦による色素沈着が原因。メイクを落とさずに寝たり目の周りを擦ったり、紫外線に当たることで目の下にどんどん茶クマが現れます。

     

  3. 黒クマ・・・主に加齢が原因。年齢とともにハリ・弾力が低下し、それに伴い目の下に凹凸ができます。凹凸ができると目の下に影ができるので黒クマとなります。

 

簡単なクマの調べ方!

自分の目の下のクマはどの種類?と聞かれても分かる人は少ないでしょう。

 

調べ方としては、まず手鏡を持った状態で上を向いてみましょう。

 

上を向いたときにクマが薄くなるようであれば黒クマになります。

 

次にクマを横に引っ張ってみてください。

 

黒クマ・茶クマは引っ張っても薄くはなりませんので、引っ張って薄くなるのであれば青クマになります。

 

上を向いても引っ張っても薄くならない・なにをしても変化がない場合は茶クマということになります。

 

それぞれのクマができる原因と照らし合わせながらこの調べ方をしてみると、自分のクマタイプが分かりやすいでしょう。

 

 

<script>” title=”<script>

スポンサーリンク

<script>