爪にカビが生える!?グリーンネイルの症状と早く治す方法!

Loading♡お気に入り

<script>” title=”<script>

スポンサーリンク

<script>

湿気の増える季節、ジェルネイルユーザーさんに注意してほしい「グリーンネイル」

 

実は、爪にカビが生えてしまっている状態なのです。

このグリーンネイルになってしまうとしばらくの間ネイルアートはお休みしなければなりませんし、

つま先にカビが生えているだなんて考えただけでぞっとしますよね。

 

今回はグリーンネイルの症状や対策、万が一なってしまった場合の早く治す方法をご紹介します。

 

グリーンネイルの症状

引用元:つめもよう

 

初期症状では、爪が茶色っぽく変色する程度なのでわかりづらいです。

わかりづらいですが、この段階であれば表面にカビが生えてしまているだけなので

すぐに削り取ることもできます。

 

症状が進行するにつれ、色は黒や緑っぽく変化します。

徐々に深化し、簡単には除去できません。

 

引用元:All About

 

グリーンネイルには基本的に痛みがないので、

ネイルアートをしている状態で進行に気が付けるケースは少ないです。

 

もしかしてグリーンネイル?と思ったら

すぐに病院や、ネイルサロンに相談に行きましょう。

 

グリーンネイルの原因

 

湿度が高い状態が続く

グリーンネイルの原因となるカビは緑膿菌という常在菌です。

この緑膿菌は狭く、湿度の高いところで繁殖するのが、特徴です。

 

ジェルネイルをしていると、徐々に爪とジェルがはがれてきてしまうことがありますよね?

手元は生活の中で水に触れる機会も多く、

この爪とジェルの隙間は緑膿菌にとって好環境となってしまうのです。

 

特にセルフでジェルネイルをする際など、サンディング処理を正しくできていなかったり

ジェルが浮く原因を作りやすいので注意しましょう。

 

爪が弱っている

爪が弱まり、ボロボロになっている状態だと

グリーンネイルの進行が早まる可能性があるようです。

 

緑膿菌そのものが爪をボロボロにすることはありませんが、

爪が弱っている場合は、しばらくネイルをお休みするなど対策が必要です。

 

 

<script>” title=”<script>

スポンサーリンク

<script>