時代はナチュラル派!目を大きく見せるメイクテクニックとは?

Loading♡お気に入り

<script>” title=”<script>

スポンサーリンク

<script>

今やナチュラルメイクでいることが当たり前の時代になってきました。

とはいっても、つけまつげをつけてカラコンを付けていたような時期に比べたら、目元が小さく見えてしまいますよね。

ナチュラルな化粧でも、目元を大きく見せるテクニックについて紹介していきます。

 

今っぽいナチュラルデカ目テク1.アイシャドウはあえて単色

 

ᴇ ʀ ɪさん(@er__204)がシェアした投稿

 

ナチュラルデカ目テクの1つ目は、あえてアイシャドウを単色にするということです。グラデーションアイシャドウが当たり前のように入れていましたが、最近では単色でも可愛いアイシャドウがたくさん販売されていますよね。

 

グラデーションを作って立体的に見せるのも良いですが、奥行き=デカ目にはつながらないのです。あえて単色を瞼全体に塗ることで、瞼の面積が増えたように感じて、デカ目に見せることができるのです。

 

単色でなるべく明るめのカラーを使うことで、違和感なく塗布することができます。アイホールだけでなく眉毛の下まで全体的に塗ることがおすすめですよ。

 

今っぽいナチュラルデカ目テク2.あえてアイラインなし

 

ayukaさん(@ayu1022s)がシェアした投稿

 

今っぽいナチュラルデカ目テクの2つ目はあえてアイラインを抜いてみるやり方です。アイラインこそがデカ目のかなめ!と思っている人は多いのではないでしょうか?実はそうとも限らないのですよ。

 

目を黒いもので囲んでしまうと目の大きさを余計に強調してしまうことになります。あえてアイラインを引かずに薄くぼかしたブラウン系のアイシャドウを代わりに引くことで、目の大きさもぼかすことができるのです。

 

はっきりと線引きするよりも、何となくぼかしておく方が実は大きく見えることもあるのです。黒=大きく見えるという概念も崩れてきています。アイラインは引くならやわらかいブラウンの方が目元をふんわり大きく見せることができるようですよ。

 

 

<script>” title=”<script>

スポンサーリンク

<script>