肌のシミの原因と種類は?シミの撃退法はこれで完璧!

Loading♡お気に入り

<script>” title=”<script>

スポンサーリンク

<script>

肌のシミは女性にとっては永遠のテーマでもあります。肌のシミはないことが1番です。しかしながら、どうしてもできてしまうのがシミなのです。

 

今回は、そんな肌のシミについて原因や種類はもちろん、肌のシミの撃退法について紹介していきます。

 

肌のシミとは?

肌のシミとは、肌の一部分だけ色が変わっている場所のことを指します。特に、多くの人を悩ませているシミは、顔にできてしまったシミではないでしょうか。

 

そして、このようなシミの特徴としてあげられるのが、色は肌の色よりも茶色く、これらのシミを消そうと毎日、シミ取りやシミ消しを行ったとしてもすぐに消えることがないため、多くの人がこの肌のシミで頭を抱えているのが現状です。

 

肌のシミの種類と原因は?

肌のシミには5つの種類があります。そして、肌のシミの種類によって、その原因もさまざまです。

 

したがって、まずは自分がどの種類のシミに当てはまるのかをしっかりと認識しておくことが、シミを消す上で大切になります。

 

それでは、5つの肌のシミの種類と原因について詳しく見ていきましょう。

 

雀卵斑

これは、一般的にソバカスと言われているものを指します。

 

雀卵斑は、淡褐色であり、大きさも一定しておらず小さなものから米粒サイズまでさまざまです。そして、この雀卵斑は遺伝性であるため、小学生くらいの年齢なってくると出やすく、数も増える傾向にあります。

 

また、この雀卵斑は紫外線の影響を受けやすく、紫外線によって雀卵斑の淡褐色の色が濃くなる傾向があります。

 

老人性色素斑

老人性色素斑は、肌のシミの中で最も多いタイプになります。この老人性色素斑は、平坦で丸い形をしているのが特徴であり、数㎜~数10㎜といったサイズの色素斑になります。

 

そして、この老人性色素斑の原因としては、紫外線によるダメージが1番の原因となります。

 

遅発性両側性太田母斑

遅発性両側性太田母斑は、日本人特有の肌のシミになります。そして、この遅発性両側性太田母斑は、目のまわりや頬などに生まれ時から茶褐色や青色のあざのようなものが既にあるというのが特徴です。

 

また、この遅発性両側性太田母斑は、生まれつきでなく20歳を過ぎてからできる場合もあります。そのため、特に目のまわりに遅発性両側性太田母斑ができてしまった場合は、クマと勘違いしてしまうこともあるため注意が必要です。

 

脂漏性角化症

脂漏性角化症は、角化が進んでしまい隆起してイボ状になったものを指します。

この脂漏性角化症は、手の甲の部分に出ることが多いというのが特徴になります。

 

肝斑

肝斑は、30~40代の女性顔の左右対称に出るという特徴があります。そして、色合いが濃い場合が多いです。

 

しかしながら、この肝斑は女性ホルモンの影響を強く受けているため、閉経とともに自然と消えるという特性があります。したがって、女性ホルモンの影響を強く受けやすい妊娠中においてもできやすい肌のシミになります。

 

簡単にシミを消す方法は?

肌にシミができてしまった人が、このシミは消えるのかと悩み、シミを消したいと思うのは当然のことです。しかしながら、この肌のシミを消す方法は、その肌のシミによって方法が異なります。

 

それでは、各シミの種類によって異なるできてしまったシミを消す方法や対策を紹介していきます。

 

雀卵斑

雀卵斑は、遺伝的なものであるため紫外線によるダメージを受けないことが、シミを増やさない最も有効的な手段になります。

 

したがって、外出する時は紫外線対策をしっかりと行った上で外出をすることが大切です。

 

老人性色素斑

老人性色素斑は、紫外線によるダメージが加齢と共に影響してきます。

 

したがって、日々の紫外線対策が数年後のシミ予防につながっていくため、外出する時は紫外線対策をしっかりと行った上で外出をすることが大切です。

 

遅発性両側性太田母斑

遅発性両側性太田母斑は、美白化粧品では効果が出にくいシミになります。したがって、病院でのレーザー治療が最適です。

 

脂漏性角化症

脂漏性角化症は、美白化粧品では効果が出にくいシミになります。したがって、病院での炭酸ガスレーザー治療色素レーザーを用いた治療が最適です。

 

肝斑

肝斑は、閉経や出産後に自然と消えていくタイプのシミですので、病院での治療などは特に必要ありません。しかしながら、閉経や出産した後でも、なかなかこの肝斑が消えない場合は一度病院へ受診するようにしましょう。

 

 

<script>” title=”<script>

スポンサーリンク

<script>