美容オイルはこれ♡肌トラブル別におすすめの種類をご紹介!

Loading♡お気に入り

<script>” title=”<script>

スポンサーリンク

<script>

スキンケアやエイジングケア情報などでたびたび話題になる美容オイル。

 

登場するたびにローズオイルやホホバオイルなど

様々な種類があって、どれがなにに効果があるのかわかりづらいですよね。

 

今回は美容オイルの選び方と合わせて

お肌の悩み別におすすめの美容オイルをご紹介します。

 

美容オイルの大きな効果

肌に潤いを与え、柔らかくする

美容オイルは肌の表面の角質を柔らかくする特性があります。

しかも、肌の表面のうち一部は脂質でできており、油分である美容オイルは浸透しやすくなじみやすいです。

そのため、美容オイルはスムーズに肌に浸透しお肌を柔らかくしてくれるのです。

 

肌のバリア機能を助ける

本来、肌にはホコリなどの外部刺激から肌を守るバリア機能が備わっています。

このバリア機能は外からのダメージを防ぐ以外にも肌の水分が蒸発してしまうのを防いだり

若々しい肌を保つために大切な機能を持っています。

 

しかし、加齢によって徐々にバリア機能は衰えていきます。

美容オイルを使用すると、バリア機能を助け乾燥などが原因の肌トラブルを防ぐことができます。

 

テカり肌防止になる

肌は乾燥状態が続くと皮脂を過剰に分泌して肌を守ろうとします。

その結果がベタつきやテカり肌などの肌トラブルです。

 

美容オイルを使うことによって肌表面の乾燥を防ぎ、皮脂の過剰分泌を抑えることができます。

 

美容オイルの選び方

「ピュアオイル」から試してみる

美容オイルにはオイルが1種類のみ配合の「ピュアオイル」と

複数配合されている「ミックスオイル」があります。

 

美容オイル初心者さんや新しいオイルをお試しで使用するときは

ピュアオイルから試すようにしましょう。

 

自分に適したオイルが見つかりやすいですし、万が一トラブルがあった場合でも原因がわかりやすいです。

 

「無添加」を選ぶ

美容オイルの商品によっては鉱物油や合成色素が含まれているものがあります。

これらの物質は思わぬ肌トラブルの原因となることがあります。

 

美容オイルは直接肌につけるものなので無添加の物を選ぶようにしましょう。

 

「純度100%」のものを選ぶ

オイルの純度が低いものはオイルが劣化しやすかったり、油やけを起こす可能性があります。

油やけを起こしている美容オイルを気づかずに使用してしまうと色素沈着などの肌トラブルの原因になります。

 

 

<script>” title=”<script>

スポンサーリンク

<script>