いつ触られてもOK♡触り心地満点女子肌の秘密のHOWTO

Loading♡お気に入り

<script>” title=”<script>

スポンサーリンク

<script>

触り心地、肌質、良くなりたい!どうすべき?

1年中強い、紫外線。もちろん他の原因も手伝って、なんだか、肌がガサガサかも?二の腕や指先など、ふとした時に触れてしまう部分、ガサガサでなんだか肌触りが悪い、なんて悲しい!

 

触り心地や、肌質、改善法は?今回は、身に付けるものから、改善して、なめらかなお肌を手に入れましょう♡

 

締め付けない下着とルームウェアを。

下着やルームウェアなど、長時間身に付けるものは、なるべく締め付けがないものを、選んでみてください。女性は特に冷えなどが原因で、肌荒れに発展したりするのですが、締め付けてしまうことで、余計に血流も悪くなってしまい、悪化する可能性も。生理の時などは、緩めのものを身に付ける人も多いかもしれませんが、日常生活では、そうではない人がほとんどです。

 

締め付けが少ないだけで、筋肉や、内臓にも負担がかかりにくいため、体温なども安定し、むくみなども減ってきます。また、摩擦も少なく、肌に傷がつきにくいので、黒ずみなどの悩みも減ってくると言われています。下着やお洋服でできた、黒ずみなどは、なかなか改善されないことが多いので、今日から変えてみてください。

 

”女の子は触れたのものみたいになる”から肌触り良い服を。

「女の子はたくさん触れたものに似てくる」と言われています。サテンやコットンなどのお洋服が推奨されるのは、そのため。もちろん健康のためにも良いのですが、サテンやコットンなどのお洋服って、かなり肌触りが良く、気持ちがいいですよね?摩擦が少なく、肌を傷つけることが少ないので、肌の質感を保つのに適しているため、保湿をした状態が得ている間などにも長続き。

 

 

その柔らかさや気持ち良さは、肌にも映ると言われています。パジャマやルームウェアに、サテンのものも増えてきて、GUなどのお店でもプチプラで着心地・肌触りのいいものが、手に入るようになりました。かわいいだけではなく、モチベーションの維持や、ボディケアの一環として、使ってみるのもいいかも。

 

もちろん、お洗濯はこまめに。柔軟剤や洗剤も、専用のものを使ったり、タオルなどもふんわり仕上がるものを、利用すると尚◎

 

 

<script>” title=”<script>

スポンサーリンク

<script>