悩める目の下のクマの種類や原因は?対処法や治し方これ!

Loading♡お気に入り

<script>” title=”<script>

スポンサーリンク

<script>

目の下にクマができると、なんだか疲れて見えてしまうと感じてしまっている人も多いのではないでしょうか。目の下のクマは、女性だけでなく男性においても悩ましい問題です。

今回は、そんな目の下のクマの種類や原因、対処法について紹介していきます。

 

目の下のクマとは?

朝起きて、鏡を見ると目の下あたりの肌の色がいつもと違うと感じた時、実はそれが厄介なクマにあたります。この目の下のクマは、自分で鏡を見なければ分からないため、多くの人が朝、起床して鏡を見て焦ってしまった経験があるのではないでしょうか。

 

しかしながら、忙しい毎日を送っていると、朝起きて目の下にクマがあることを確認しても、どうして良いかわからずに結局はそのままの状態で出勤してしまう人が多いのが現状です。

 

目の下のクマの種類と原因は?

目の下のクマには、大きく分けると3つの種類があります。

 

これは、目の下のクマが気になる男性において同じ原因があると言えます。したがって、男性で目の下のクマが気になる人も、これから紹介する目の下のクマの種類と原因を参考にしてください。

 

それでは、この目の下における3つのクマの種類について見ていきましょう。

 

青クマ

青クマは、目の下に青みがかったクマができていることを指します。この青クマは、日常生活における冷えやホルモンの乱れなど、体全体の血行不良が原因で起こるクマです。

 

茶クマ

茶クマは、目の下に茶色っぽいクマができていることを指します。この茶クマは、紫外線によるダメージや、目をこすることによる刺激、そして毎日の化粧で落とし切れなかった化粧による色素沈着が原因で起こるクマです。

 

黒クマ

黒クマは、目の下に黒っぽいクマができていることを指します。この黒クマは、加齢による目の周りの皮膚のたるみ皮膚のへこみが原因で起こるクマです。

 

目の下のクマのケア方法は?

目の下のクマを治す方法には、どれも即効性があるものはありません。やはり目の下にクマをつくらないように日頃から毎日ケアをすることが大切になります。この毎日行うケアは誰でも簡単に短時間で行うことができるため、大変おすすめです。

 

ただ、目の下にクマができてしまった場合、病気が隠れていることもありますので、なかなか目の下のクマが消えない時は病院へ受診するようにしましょう。

 

それでは、この目の下にクマをつくらないように毎日行う簡単ケアを見ていきましょう。

 

保湿をしっかりと行う

目の下にできるクマは、乾燥が大敵です。つまり、目元が乾燥していると目の下にクマができやすくなります。したがって、まず洗顔ではゴシゴシと顔を洗うのではなく優しくぬるま湯ですすぐ程度に行いましょう。

 

そして、洗顔を終えたらしっかりと化粧水で保湿を行いましょう。この時に、特に乾燥しやすい目の周りは重点的に化粧水で保湿を行うことが大切です。

 

また、目の周りの乾燥がひどい場合には、アイクリームを重ね付けして保湿をするようにしましょう。

 

血行を良くする

タオルを熱いお湯に浸し、しっかりと絞ると簡単にホットタオルをつくることができます。このホットタオルを目の上に置き、3~5分その状態をキープしましょう。そうすることで、目の周りの筋肉がほぐれると同時に血行も良くなっていきます。

 

ただ、このホットタオルでのケア方法は、即効性があるものではありません。毎日続けることで、次第に目の下のクマに効果が出てきます。したがって、このホットタオルでのケア方法は、毎日続けることが大切になります。

 

 

<script>” title=”<script>

スポンサーリンク

<script>