なりたい肌はどっち?ソルトとシュガー、ボディスクラブの選び方♡

Loading♡お気に入り

<script>” title=”<script>

スポンサーリンク

<script>

ボディケアに欠かせないアイテムになっている、”ボディスクラブ”。香りや色も含めて、多くの種類が販売されていますが、どう違うか、知ってますか?

なりたい肌によって違いがある、おすすめのボディスクラブの選び方や使い方を説明します!

 

1年中気を抜けないボディケア、シュガー・ソルト、スクラブによってどう違う?

たくさんあるボディスクラブ。主成分が大きく分けて2つ、”お砂糖”と”塩”です。蜂蜜などもありますが、お砂糖に分類され、2つと言われています。一見、どちらでも効果は同じと思われがちですが、実は全然違うんです!

 

プレゼントにも喜ばれる、ボディスクラブ、せっかくなら、効果を実感したいから、2つの効果をご紹介!

 

お砂糖から作られる”ボディシュガー”なら潤いのぷるん肌

 

シュガースクラブは、砂糖の”スクロース”という成分の保湿効果により、お肌がしっとりします。ソルトスクラブと違い、水に溶けるのも早いので、角質の除去というよりは、保湿効果がメインになります。お肌に優しいので、敏感肌の人や肌が弱く、赤くなりやすい人にもおすすめ!

 

しっとりとした肌はバリア機能も擁護してくれます。冬が1番乾燥すると言われていますが、夏など、そのほかの季節も、紫外線なども含め外部からの刺激は強く、肌は弱りがち。しっかりと保湿して、1年中プルもち肌を保ちましょう♩

 

 

 

mikaさん(@mikakj)がシェアした投稿

 

商品例;SABON シュガースクラブ

 

お塩から作られる”ボディーソルト”なら角質除去して浸透力アップ、サラもち肌!

一般的に、”スクラブ”と聴いて、思いつくのは、お塩を主成分としたもの。ご存知の方も多いように、角質の除去・代謝促進などに効果的です。シュガーと違って、保湿というよりは、保湿力・浸透力を上げるための前準備として用いるのがオススメ。

 

さらに、スクラブ自体には毛穴汚れの除去、ニキビの原因となるアクネ菌の繁殖を抑える効果があり、ソルトスクラブを使えば、スクラブにない「殺菌効果」が追加されれると言われています。

 

古い角質が残ったまま保湿をしたとしても、浸透力は弱く、せっかくスキンケアやボディケアをしているのに、効果が実感できない!なんてことも起こってしまいます。定期的にソルトスクラブで、角質を除去するのがオススメです。

 

 

 

SABON Japanさん(@sabon_japan)がシェアした投稿

 

商品例;SABON ボディースクラブ

 

 

<script>” title=”<script>

スポンサーリンク

<script>