パン好きダイエッター必見!”パンで痩せる”ための選び方♡

Loading♡お気に入り

<script>” title=”<script>

スポンサーリンク

<script>

今や生活に欠かせない食となった、パン。でもダイエットには大敵って言われがち。今回は、そんなダイエットの時にも食べられるパンの選び方!

 

ダイエット中も食べたいパンとの付き合い方は?

もはや朝ごはんには定番だし、ランチには必ずと言っていいほど”パンかご飯か選べます”と書いてあったり、パスタにパンはつきもの。でも、小麦製品であり、砂糖やバターなどをたっぷり使っているために、太りやすいとされるパンは、ダイエットには大敵で敬遠されがち。

 

でも、中には「朝は毎朝パン派!」「やっぱりパンが好き!」なんて人もいて、完全にパンを食べないのは逆にストレス!なんて人も。そのせいでどか食いしてしまったり、諦めてしまっては逆効果!

 

パンの選び方を覚えて、上手に付き合いましょう♬

 

ダイエット中、食べてもいいのはどれとどれ

 

とはいえたくさんある、パン。菓子パンからハード系まで、どれがいいのかわかりづらい!お惣菜パンは栄養取れそうだし、なんてついつい取りがち。正しい選び方は?

 

小麦粉の使用量が少ないパンがオススメ。また、ふんわりとして柔らかい食べやすいパンよりも、固めのハードパン(フランスパンみたいな)のほうが噛み応えがあり、噛む回数が増えるので、”満腹中枢”が刺激され、少量でお腹いっぱいになりやすいんです。最近はどこでも売っているので、手に入れやすいですよね。

 

最近よく聞く”低糖質のパン”も、小麦の量が少ないので、ダイエット向きとされています。コンビニで手軽に買えるので、お仕事が忙しいときや、お弁当を作る時間がなかった!なんてときにも便利です。

 

 

 

 

ローソン Lawson Japanさん(@akiko_lawson)がシェアした投稿

 

・大豆粉のパン(低糖質パンなど)
・お米のパン(米粉パン、玄米粉パンなど)
・脂質や糖分が少ないパン(バゲットなど)

 

避けたいのは、甘くて口どけの良いアレとアレ

 

おきさん(@___okipan)がシェアした投稿

 

美味しくて、軽いから、ついつい食べ過ぎてしまうのが菓子パン。使っているものによって、高糖質・高脂質の塊。コンビニなどで見かける美味しそうで甘いメロンパン。ふんわりとしていて、食感もよく、ペロッと食べられますが、1個当たり300~400キロカロリーも!見た目以上にカロリーが高く、糖質も高いんです。メロンパン1個ではお腹いっぱいにはならないから、どうしてもそれにプラスして、いくつも食べてしまったり、余計にカロリーもとってしまいます。

 

 

 

 

Yui Tsumuraさん(@ms_tmtan)がシェアした投稿

 

・デニッシュ
・クロワッサン
・メロンパン
・カレーパン

・フレンチトースト など。

 

 

<script>” title=”<script>

スポンサーリンク

<script>