暑くて何もできない。助けて!夏バテ回復フード。

Loading♡お気に入り

<script>” title=”<script>

スポンサーリンク

<script>

暑さ負けして食事もしたくない…そんな時の回復食材は?

猛暑の続く日々で、疲れ気味。何んとなく暑さに負けて、食事も億劫になるとき、ありますよね。でもずっと食べないわけにも行かずに、口にするものは冷たいものんばかり…。

 

それでは、夏バテから抜け出せなくなってしまいます。今回はそんなときに回復してくれる、食材をご紹介。

 

夏野菜の定番、”ズッキーニ”

 

Sugiyama Minakoさん(@0510mimi)がシェアした投稿

 

夏野菜カレーなどに必ずと言って良いほど入っている、夏野菜の代表格、”ズッキーニ”。好みは分かれますが、ズッキーニは、実はとっても栄養豊富。カリウム、ビタミンC、B類、食物繊維も豊富で、女性人は嬉しい効果がたくさんある食物です。

 

カリウムは塩分を排泄する作用があるため、高血圧・動脈硬化の予防や、むくみの改善にも。ビタミンCは疲労回復だけでなく、美白や美肌効果も期待できます。夏は、冷たいものを食べる機会も多く、胃腸が弱ってしまったり、いつもは便秘気味なのに、夏は下し気味、なんて人も。

 

整腸作用もあるので、継続的に食べることで、内臓の中も綺麗になって整ってきます。

 

そうめんなどにはこれがなきゃ!”ミョウガ”

 

Mihoko Shimadaさん(@mi_ho_ko)がシェアした投稿

 

そうめんなど、夏フードのお供の定番薬味のみょうがですが、実は効果は主役級。体の血の巡りを良くし、抗酸化作用も含むとされている、万能な食物。

 

みょうがは独特な香りや食感、味が特徴的ですが、この香り成分が血液の循環を整えて、発汗を促進し食欲の促進、眠気を覚ます効果などがあります。また、カリウムも含まれていて、このカリウムは血圧を下げたり、浮腫み解消、血液をサラサラにするなど効果も持っています。

 

シャキシャキとした歯ごたえと香りで食欲をそそり、発汗・消化を促進。食べたときに若干ある、辛み成分に、熱をしずめて毒を抑える働きもあるので夏風邪などにも効果的と言われています。同時に、内臓の調子も整えてくれます。

 

 

<script>” title=”<script>

スポンサーリンク

<script>