メガネやサングラスで紫外線対策?!紫外線は「目」にも危険!

Loading♡お気に入り

<script>” title=”<script>

スポンサーリンク

<script>

これからの季節、紫外線は女性の大敵ですよね!

露出も増える中、紫外線対策は肌や体だけで十分。そんな風に思っていませんか?

 

実はこの紫外線、肌や体以外の「目」にも影響を与えているんです!

目に紫外線を受けてもすぐに痛みなどの発症はありませんが、実際は結構怖いものなんです。

 

目本体が紫外線を受けすぎると、日常生活にも支障がでることもあるので注意が必要です。

そんな今回は、簡単にできる「目の紫外線対策」についてご紹介します♪

 

目に紫外線が影響するって知っていた?

 

s e iさん(@nikon____yu)がシェアした投稿

 

 女性の内、大半の方が目も紫外線の影響を受けることを知っている人が多かったのですが、具体的な対策をしていない人のが多いという新事実!

 

肌や体と同じ位ダメージを受けているのに、対策を打っている人はとても少ない結果となっています。

 

また紫外線対策も、年中ではなく春~夏にかけて行っている人が多く秋冬の認知が少ないことも結果として出ています。

 

紫外線の影響はたまればたまるほど、歳をとってからの後悔が大きくでるものなので早めに対策することをおすすめします。

 

目に紫外線を強く浴びるとどうなるの?

 

Taeko Uedaさん(@cinq_bonheurs)がシェアした投稿

 

紫外線が強く目にあたることで、様々なリスクを伴います。

 

紫外線により活性酸素が多く発生することで白目が黄ばんだり、角膜が傷ついて充血やヒリヒリとした痛みの原因になったりします。

 

他にも、視界がゆがんだり部分的に暗く欠損した状態といえる「黄斑変性症」や、白目部分が隆起し黄色く変色する「瞼裂斑」と目の病気になってしまうことも・・・

 

しっかりとした紫外線対策をしないと目への紫外線が蓄積して病気になることもあるので注意が必要なんです。

 

日常生活に潜む紫外線の落とし穴

 

az🌿さん(@0az_stella)がシェアした投稿

 

実際に、日常生活にも紫外線に注意しなければいけない場面は多く存在します。

 

まずは朝と夕方。昼は頭上から日光を浴びるのでそこまで紫外線は強く目かかりませんが、朝や夕方は斜めの角度から直接目に紫外線を浴びやすいんです!

 

人種によっても違いがあるのですが欧米人よりも日本人は光彩の色が濃いのでまぶしさを感じにくい人種ですが、まぶしく感じていなくてもしっかりと紫外線を浴びてしまっています・・・

 

お天気の日以外に曇天でも紫外線は降り注いでいますので、同様の注意は必要です。

 

そして、見逃しやすい室内や車の中。窓からの紫外線は要注意ですよ!

 

 

<script>” title=”<script>

スポンサーリンク

<script>