プロテインは太るって本当?ダイエットに効果的な飲み方はこれ

Loading♡お気に入り

<script>” title=”<script>

スポンサーリンク

<script>

食事の置き換えダイエットや筋トレの話題で出てくる「プロテイン」

筋肉がつきやすくなるとか、逆に太るとか色々なうわさがありますよね。

 

今回はそんな今一つ正体不明な「プロテイン」についてまとめました。

ダイエットにおすすめの種類や

女性に嬉しい効果もあるのでぜひチェックしてください♪

 

「プロテイン」=「タンパク質」

 

プロテインとは「タンパク質」を英訳したものです。

人間の髪や肌、身体を作るのに必要な栄養素で

運動をしなくても新陳代謝で日々失われていく栄養素です。

 

厚生労働省から発表されている日本人の食事摂取基準(2015年版)でも

成人女性で1日当たり約40gが推定必要量、50gが推奨量と言われています。

身体を引き締めたかったり、スタイルアップを目指しているときは

もっと多くのタンパク質が必要になります。

 

しかし、食事に含まれるタンパク質量というのは

タンパク質が豊富だといわれる食品でも

皮なし鶏むね肉100gで約24g、丸干しイワシ100gで32gと

なかなか必要量まで足りません。

 

そこで、足りないタンパク質を摂取するためにプロテインが推奨されています。

 

プロテインが「筋肉がつく」といわれるのは

ボディビルダーなどが、筋肉を育てる際に

多くの「タンパク質」を必要とし、プロテインを摂取するためです。

そのため、「プロテイン」=「筋肉」のようなイメージがついてしまっていますが

実際は、プロテインを飲んだからといって筋肉がもりもりついてしまうわけではありません。

 

プロテインの種類

ホエイプロテイン

 

牛乳から作られる動物性タンパク質の1種です。

ホエイとは乳清という意味で

ヨーグルトの上澄み部分などにできるタンパク質のことです。

 

水溶性で、効果が早く出るので

筋肉の超回復を促したいときなどにおすすめです。

 

筋トレを頻繁にやる人や

筋肉を大きくしたい人におすすめのプロテインです。

 

カゼインプロテイン

 

ホエイプロテインと同じく牛乳から作られる動物性タンパク質の1種です。

ホエイに対し、生乳部分に含まれるプロテインで不溶性で吸収が遅いです。

 

吸収が遅いため満腹感が長く続き、ダイエット中の間食にもおすすめです。

 

 

ソイプロテイン

 

ソイプロテインは大豆から作られる植物性のタンパク質です。

消化・吸収の速度が遅いため満腹感が続きやすく

他のプロテインに比べ価格が安いのも特徴です。

 

大豆に含まれているイソフラボンは

女性ホルモンに似た働きをするため、

美肌や女性らしいボディメイクに役立つプロテインです。

 

ダイエット目的の人には高い人気があります。

 

 

 

<script>” title=”<script>

スポンサーリンク

<script>