化粧水に含まれているBGやDPGってなに?成分表をチェック

Loading♡お気に入り

<script>” title=”<script>

スポンサーリンク

<script>

機能性成分

美白成分や、エイジングケア成分など、その化粧水の「売り」の部分です。

様々な種類があり、化粧水によって異なるので

自分の肌に合うものなのかきちんと確認する必要があります。

 

水溶性セラミド

人の皮膚にも存在する成分セラミドは保湿成分の中で最も効果が高いと言われています。

セラミドがしっかりと水分を挟み込みキープするのでエイジングケアにも重要な成分です。

 

ヒアルロン酸

皮膚表面から角質層まで届き、保湿をします。

保湿力はセラミドに負けますが、セラミドよりも安価で様々な化粧水に含まれています。

 

水に溶けるととろみが出るのも特徴で、化粧水のテクスチャにも影響します。

 

 

コラーゲン

食べ物でも人気なコラーゲンは化粧水にも含まれています。

様々な種類があるコラーゲンですが、化粧水に含まれるコラーゲンは

豚や魚から抽出されたものです。

 

アミノ酸

元来、皮膚の表面にある天然の保湿成分の半分はアミノ酸といわれています。

グリシン、セリン、プロリン、アルギニン、アラニンなどが代表的です。

 

ナールスゲン

ナールスゲンはエイジングケアの新成分として注目されている成分です。

ビタミンCと一緒に摂取することで、相乗効果でコラーゲンの産生が増加します。

肌にハリをもたらし、特にしわやたるみといった肌の悩みに効果的です。

 

 

プラセンタエキス

馬や羊などの胎盤から抽出したエキスのことで、エイジングケアに効果的な成分です。

化粧水に配合されることも多く保湿効果の他にも血行促進や新陳代謝の促進など、

女性に嬉しい多くの効果が期待できます。

 

ビタミンC誘導体

ビタミンCとは、そのままの状態では身体に吸収されづらい成分です。

そのビタミンCを吸収しやすい形に改造したのがビタミンC誘導体です。

 

まとめ

私たちが普段使用している化粧水にも様々な成分が含まれています。

毎日使うものだからこそきちんと成分を把握して

自分に合ったものを使いたいですね♪

 

 

<script>” title=”<script>

スポンサーリンク

<script>