大人でも違和感なし!甘くも上品にもなれるピンクメイクのやり方

Loading♡お気に入り

<script>” title=”<script>

スポンサーリンク

<script>

 

大人になってくると、子供っぽい印象や甘すぎる印象に見えてしまうピンクを避けてしまう人も多いのでは?

しかし、可愛いピンクのカラーに一目惚れして買ってしまうコスメなんかもありますよね。

大人女子でも使える、子供っぽくならないピンクメイクのポイントを紹介していきます。

 

 

大人ピンクメイクのポイント1.濃いカラーなら一転投入にする

 

大人ピンクメイクのポイント1つ目は、濃いカラーを使いたい場合は1ヶ所だけに抑えるということです。ピンクといっても、彩度に差がありますよね。その中でもぱきっとしたカラーのビビットピンクや青みの強いピンクは、メイクのポイントにも使えるカラーです。

 

 

こういった少し癖のあるピンクを取り入れたいという場合は、他の色味を抑えて、1点だけに抑えるということが大切です。

 

 

例えば目元に使うという場合は、チークやリップを肌なじみの良いカラーにします。目元がビビットピンクで赤リップとなると、古臭さが出てしまいます。

 

 

全てを同じような彩度のピンクで揃えてしまうと、一昔前のギャルメイクのような印象になるので、できれば1ヶ所に抑えた方が大人っぽく仕上がります。

 

 

大人ピンクメイクのポイント2.初心者はブラウンと合わせて

 

もえち♥ブルベ夏さん(@cat__moe222)がシェアした投稿

 

大人ピンクメイクのポイント2つ目は、ブラウンとなじみやすいピンクから取り入れるということです。ピンクのコスメはたくさん販売されていますが、なかなか取り入れるのに勇気がいりますよね。

 

 

そんな最初の大人ピンクメイクにおすすめなのが、薄めのピンクやくすみピンクです。ぱきっとしたカラーのピンクはなかなか扱いが難しいので、まずは薄めのピンクベージュやくすんだ印象のローズピンクなどを取り入れてみると良いでしょう。

 

 

<script>” title=”<script>

スポンサーリンク

<script>