1人1個は持っておきたい!ワセリンの使い方とは?

Loading♡お気に入り

<script>” title=”<script>

スポンサーリンク

<script>

ワセリンとは、石油を精製して作られる保湿剤です。ドラックストアで500円以内で購入できるようなものもあり、その使い道の多さに1人1個は持っておきたいアイテムです。そんなワセリンですが、実は体の色々なところに使えるって知っていましたか?いざという時のためにも持っておきたい、ワセリンの使い方について紹介していきます。

ワセリンの使い方1.唇の保湿に

 

かずささん(@aaa_korea_kubota)がシェアした投稿

ワセリンの使い方の1つ目は、唇の保湿です。ワセリンを唇全体に薄く乗せることでリップクリームと同様の役割をしてくれます。日頃のケアとして取り入れるのにぴったりでコスパも抜群になります。

 

また、唇の荒れ防止のために唇パックとして使用するのもおすすめです。指にワセリンを付けて唇をマッサージすれば角質ケアにもなります。ワセリンをたっぷりつけた唇にラップを乗せて5分置くことで、プルンプルンの唇を保つこともできますよ。

 

ワセリンの使い方2.スキンケアの最後に

 

白さん(@huaaa5449)がシェアした投稿

ワセリンの使い方2つ目は、スキンケアの最後に使う方法です。ワセリンは油分が強い保湿剤なので、水分の蒸発を防ぐために使用することができます。肌に閉じ込めたい化粧水や美容液などにしっかりとふたをすることで乾燥を防ぐ効果が期待できるのです。

 

顔全体に薄めに塗った所で、気になる目元や口元に重ね塗りすることでより効果がアップします。ついでにまつげにも塗ることでハリのある美しいまつげに見せることができますよ。

 

ワセリンの使い方3.乾燥した髪の毛に

 

ちもみんさん(@sygchr728)がシェアした投稿

ワセリンの使い方3つ目は、乾燥した髪の毛に付ける方法です。乾燥してパサつきが気になってしまう季節には、髪の毛に付けて使用することができます。ヘアオイルが手元になかったとしても、少量のワセリンを髪になじませることでケアをすることができます。

 

また、ワセリンはスタイリング剤としても使うことができます。少量のワセリンを手のひらに伸ばし、髪になじませることでヘアワックスのかわりとして使用することもできます。今流行りの濡れ感のあるヘア作りにもぴったりですよ。

 

 

<script>” title=”<script>

スポンサーリンク

<script>