磨いているのに!歯の黄ばみの原因と落として白くする方法♡

Loading♡お気に入り

cover image : https://www.instagram.com

<script>” title=”<script>

スポンサーリンク

<script>

毎日の歯磨き、食事のあときちんと念入りに磨いているのに何で白くないの?

鏡を見ては気になっていたりしませんか?

みんなが憧れる白い歯、実は歯磨きだけではダメなんです!

 

もちろん毎日毎食後に磨く事はエチケットとしてとても大事な事です。

この黄色くなるor茶色くなる原因を知って、歯を白くしたくないですか?

今回はそんな歯が黄色くなる原因と白くする方法をご紹介していきます♪

 

歯が黄色くなる原因・・・それは

 

リーチさん(@reach_japan)がシェアした投稿

 

歯が黄色くなる原因、それはたくさんの要素があります。

  • 色素の濃い飲料や食べ物で歯が黄色くなる
  • 歯磨き不足で黄色くなる
  • 加齢で黄色くなる
  • 歯磨きのし過ぎで黄色くなる
  • 口内乾燥によって歯が黄色くなる
  • 薬品の使用によっての着色

茶色や黒色の場合は、もっと他にも原因が出てきます。

 

食べ物や飲料によっての付着は、某CMでもおなじみの「ステイン」が原因。

 

黄ばみやすい飲み物として上がるのが、コーヒーに紅茶、赤ワイン、コーラがあります。

そして食べ物で上げると、ハヤシライスやカレーなどケチャップやルーを使ったものも黄色くなる原因に・・・

他にも、お菓子で多いのですが合成着色料がはいっている食べ物も該当するので気を付けましょう!

 

原因の中で歯磨きしているのに黄色くなるというのはあまり聞いた事がなくビックリする方も多いかと思います。

実は、これにも理由があって、加齢で黄色くなるのと同じ内容なのですが「歯のエナメル質」に問題が出てきます。

歯磨きをしすぎる事でこのエナメル質が削れていき象牙質が透けて見え、この事で歯が黄色く見えてしまうのです。

 

そしてドライマウス(口内乾燥)

これは口呼吸や唾液の分泌量が少ない方にあたいします。

ドライマウスの方は歯が乾くのでステインがつきやすいのです!

 

歯磨きしたのに、ざらざらしていると感じた事はありませんか?

これがあることで着色(ステイン)がつきやすくなります。

ネット上で、ドライマウスの対策もあるようなので是非参考にしてみてくださいね!

 

歯磨き粉に注意が必要!?

 

natsuさん(@onatsu_tah)がシェアした投稿

 

歯磨き粉によって、注意しなければいけないものがあります。

それは「研磨剤」の入った歯磨き粉。

これは歯磨き粉自体に研磨剤で歯を削る役目を補っているので、歯を磨けば磨くほどこすれて削れていきます。

特に毛の固い歯ブラシと一緒に使ったら大変です。

 

正しい磨き方も重要ですが、歯磨き粉は見落としがちなので充分に注意してくださいね。

 

歯を白くする方法

 

歯が黄色くなるには原因がいくつかあると先述しました。

早速白くする方法を見ていきましょう♪

 

 

<script>” title=”<script>

スポンサーリンク

<script>