老け顔の原因!目の下のクマを消す方法を種類別にご紹介!

Loading♡お気に入り

<script>” title=”<script>

スポンサーリンク

<script>

朝のスキンケア時や帰宅途中の電車の中など

自分の顔をみて、なんだかどんよりしているなと感じることはありませんか?

 

そのどんより、目の下のクマが原因かもしれません。

目の下にクマは顔の印象が暗くなり、老け顔の原因にもなっています。

 

早く何とかしたい!と思うかもしれませんが

クマをごまかすためにコンシーラーをやファンデーションを

厚塗りしてもあまり意味がありません。

 

今回は種類別に目の下のクマを取る方法をご紹介します。

 

クマには種類がある

一概に目の下のクマといっても1種類ではありません。

自分のクマがどのタイプなのかを確認して適切なケアをするようにしましょう。

 

「茶クマ」タイプ

参照元:チョコ*ベアのブログ

 

目元が色素沈着して発生するのが茶クマです。

アイメイクを落とすときにこすってしまっていたり

目元をこする癖があると発生しやすくなります。

 

日焼けが原因で目元の皮膚のターンオーバーが乱れて発生する場合もあります。

 

 

「青クマ」タイプ

参照元:Yahoo!知恵袋

 

青クマは目元や東部の血行不良が原因で発生します。

寒い冬に指先や唇が青白くなるのと近い現象で、皮膚の薄い目元も青白くクマになります。

 

青クマといっても目元が真っ青になるわけではなく

うっすらと青~赤紫っぽい色のクマになります。

 

目元を軽く引っ張ると色が薄くなるようであれば青クマの可能性が高いです。

 

 

「黒クマ」タイプ

参照元:専門医が教える若返りのススメ

 

実際に目元に色がついて見える茶クマや青クマと異なり

黒クマは目元のたるみやしわが陰になって、クマのように見えているものです。

 

目元以外のたる身に悩んでいる人はクロクマを疑ったほうが良いでしょう。

目元を引っ張ったりライトを当てるとクマが消えるようなら黒クマです。

 

 

 

<script>” title=”<script>

スポンサーリンク

<script>