知っているようで実は知らない!?赤身肉のメリットとは?

Loading♡お気に入り

<script>” title=”<script>

スポンサーリンク

<script>

今注目の赤身のお肉ですが、どのようなメリットがあるかご存知ですか?

馬肉のメリットを知ることで、より赤身肉が大好きになれますよ。

ここでは知っているようで知らない、赤身肉のメリットを徹底解説します。

知っているようで実は知らない!?お肉が人の身体に与える影響って?

お肉を食べすぎると、「太るからやめな」「身体に悪いから」と言われてきましたが、

実はそんなことはありません。

もちろんいいものでも食べすぎはいけませんが、お肉にはタンパク質が含まれています。

タンパク質は人間の身体を作るうえで重要な栄養素で、身体の中でも筋肉を作る栄養素です。

タンパク質だけでなく、ビタミンも豊富です。

ビタミンと聞くと、野菜や果物に入っているようなイメージがありますが、実は、ビタミンは動物性の食品に多く含まれています。

ですので、タンパク質だけでなく、ビタミンも一緒に撮ることができる、最高の食材なのです。

そう聞いてしまうと、今人気の赤身のお肉にはどんな成分が入っているのか、とっても気になりませんか?

 

ビタミンB12がたくさん!健康になりたいならぜひ食べたい牛肉!

やっぱりお肉と聞いて思い浮かべるのは、牛肉です。

牛肉の赤身なんて、とろっとしている口当たりから、しっかりとした歯ごたえのあるお肉まで、バリエーションが豊かです。

牛肉には鉄分とビタミンB12が豊富に含まれています。

鉄分は血液のヘモグロビンの量を増やして、身体に酸素をしっかりいきわたらせるための重要な成分!

さらに、血液と同時に栄養も運んでくれるので、食事で採ることができる栄養を吸収させるためにも、欠かすことができない成分です。

ビタミンB12は不足してしまうと、赤血球ちゃんと作れなくなってしまって、たびたび貧血を起こしてしまいます。

ビタミンB12も鉄分も身体を動かすためには必要不可欠です。

 

豚肉の赤身も見逃せない!夏にうれしい成分がたくさん詰まってる

疲労回復のために、豚肉を食べるといいと言われています。

豚肉には、糖分をエネルギーに変えるビタミンB1が豊富で、カロリーが低いにも関わらず、身体にはとてもいいお肉です。

ビタミンB1が足りないと、ごはんやパンなどの炭水化物に含まれているブドウ糖をエネルギーに変えることができず、疲れやすい身体になってしまいます。

もし「最近疲れやすいな…」と思っている人は、ビタミンB1が足りなくなっている可能性があります。

疲れているときに豚肉などでビタミンB1を採ることで、脂質や糖質などのエネルギー源をきちんと代謝してくれるので、疲れにくい身体になります。

このサイクルが、疲労回復には豚肉がいいと言われている由縁です。

さらにビタミンB1には神経の働きをよくする効果も期待できるので、イライラしやすい時期や、リラックスしたいと思ったときに食べるのがおすすめです。

 

<script>” title=”<script>

スポンサーリンク

<script>